一閑張りとは (いっかんばり)

竹や木の籠などに和紙を貼り重ね、柿渋を塗り仕上げた物です。

名前の由来には諸説あるようですが、一般的には農家の農閑期の
閑な時に作られることが多かった為に、この名が付いたと言われています。
又、大変に丈夫な為に一貫目の重さににも耐えられるという
ことから一貫張りと呼ばれる地方もあるようです
 


教室内容


 松島藤田恭平ガラス美術館「一の坊ホテル」さんにて
           千日紅の一閑張りを購入する事が出来きます。


 蔵王のサオウメッツさんにて
           千日紅の一閑張りを購入する事が出来きます。



ドライブ行かれた際にはぜひご覧ください。 建物や室内・松島の風景
蔵王の山・川とても癒されます。




第24回河北工芸展    入選作品です






 
 
作品集
新作は作品集に載せていますので、ぜひ見てください
ブ ロ グ も見て下さい

                              
                             アトリエ・千日紅 橋本です



帯布 金銀の刺繍入り


時代物の帯でのバック
持手は葡萄ツル


持ち手は帯締めです


飾って置くにも素敵です


革の持ち手・皮蓋付き





 一押しの一閑張り ★  自分のお気に入りや想い出の生地を一閑張りにしてみませんか
        依頼を頂く作品でご自分の想い出の着物地・帯を持込む方が増えてきました
        出来上がってお持ちすると、とても喜んで頂く顔を見ると作った私はホットします
        大切な想い出の生地を預かって張るのは勇気が要ります


教 室   いつでもご相談下さい


自宅教室  いつでも受付しています。  
10時〜12時     13時〜
15時



出張講習も始めました[お仲間と一緒に]

自宅教室も行っております 予約はお早めに!

お友達同士で・ご夫婦で・近所の方たちと

職場のサークル・学校などでも

            3名様以上で申込み下さい

すべて材料をお持ちいたします
  竹カゴ ・ のり ・ 刷毛 ・ 大福帳 ・ 古文書
  無臭柿渋 ・ 布持ちで紐

作品により材料費が異なります。

出張講習の交通費は若林区以外は500円です。

お問い合わせはお気軽に022-288-2992
メールでのお問い合わせはwanwan@eena.jp です




教室内容   ★基本   一閑張り教室 作品により時間は異なります
第1回 一閑張りについての説明、カゴに下張り(和紙を糊で貼っていく作業) 乾燥  
第2回 上張り(字や絵の和紙(大福帳・古文書)をカゴ等に貼っていく作業) 乾燥  
第3回 柿渋での仕上げ(柿渋を数回塗り重ねる) 乾燥 完成
基本を3回終了致しましたら、カゴバックや好みのカゴで講習を行います(希望者)

〒984-0038   宮城県仙台市若林区伊在白山前45-303   TEL/FAX  022-288-2992  wanwan@eena.jp
橋本 年古